\無人契約機も不要で即日対応/

トップページ

「すぐにお金が必要」
「バレずに借りたい」
「近くの無人契約機で借りれる?」

当サイトでは、緊急でお金が必要だけど、審査にあまり自信がないという方へ早く借りれる大手の即日カードローンをご案内します。無人契約機ですぐにお金を借りたいとお考えなら、即日融資のカードローンを活用するという方法があります。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日の無人契約機なら

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があれば24時間最短1分で振込
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「身内にバレたくない」「仕事場にバレたくない」とお考えの方へ。WEB完結できるカードローンのネット審査ならば、誰にも見られずに申し込みすることが可能です。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判ですよ。

キャッシング無人契約機の基礎知識コラム

キャッシングの利用を初めて申し込む場合には借り入れを希望する額の記入が必須となります。金額をどうするか迷う場合も多いですが、最初なので、あまりに高い金額を希望として書くと審査に通らない場合があるでしょう。一回目の申込では、なるべく希望の金額は控えめにしておいて、返済をちゃんとして、実績を作ってからもっと多い金額を申請するという方法が存在します。最近では、女性もキャッシングを利用することが増えているようです。そのため、レディースキャッシングと呼ばれる女性向けのサービスを提供している業者も増えつつあるようです。どのような点が女性向けなのかというと、女性専用窓口が設定されていて、女性オペレーターに対応してもらえるものや、サービス自体が女性利用者専用だったりします。よく思い違いをされる方もいますが、女性用のキャッシングだからといって、金利が低かったり限度額が高いということはありませんから、注意してください。でも、対応してくれるのが女性スタッフなので、男性には言いにくい金銭的な話もしやすいですし、自宅に連絡がきても怪しまれにくいので、女性でお金を借りたいと思っている人は、こうしたサービスを選ぶのをおススメします。早急にお金を用意しなければならない時に便利なのが即日キャッシングですが、それ以外にも何か高い買い物をした際、分割払いの補てんにする時にもキャッシングが心強い味方になります。あらかじめ情報を収集し、期間限定の無利息キャンペーンなどをしている業者を見つけられれば、もっと便利に利用できるはずです。こうした無利息の特典は初回のみのケースがほとんどですが、完済後に時間をおけば利息無料キャンペーンに申し込める業者もあるようです。お金を借りようと思って金融業者に申し込むと、職場に電話がかかってくることがあります(在籍確認)。私用電話が携帯でなく会社の電話にかかること自体珍しいので、キャッシングだなと気づく人がいるかもしれません。どうにも落ち着きませんね。査定に響くかもしれません。そんな不安を解消すべく、勤務先への電話確認を行わないで借り入れできる金融業者も増えています。対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。在籍確認が心配である(不安である)と伝えるとそれに代わる書類審査方法を教えてくれて電話連絡なしで審査してくれる会社があります。在籍確認を省くと融資上限がいくらか下がることがありますが、比較的少額の融資であれば、問題ないでしょう。「即日カードローンのカード持ってる? あれ、繰上げで一括返済ができるんだよ」と兄に言われたことがあります。繰上一括返済できるのを知らなかったと答えたら、「約款にあるだろ」と真顔で怒られました。なんでも昔つきあっていた相手がカードのリボ払いで多額の返済を抱えていて、給料日の翌週には早くも「お金がない」と言っていたのを知っているからだとか。ひょっとして多少は巻き添えをくったのかもしれません。コンビニや銀行のATMを使って自分の口座みたいに出し入れ(借金)できるので、あれでは借金している実感が沸かないのもわかります。だって、一度お財布に現金を入れたら、自分のお金と借金のお金と区別つかないですから。ある意味、怖いなと思いました。自分も注意して使おうと思います。キャッシングを利用している中で多重の債務に陥る危険性をなくすには、まず、きっちりと返済の段取を考えてそれを行うことですが、もう一つ大切なのはある融資の返済が残っているにも関わらず追加で即日キャッシングをしないことです。小額のキャッシングでも一括返済を受けつけている金融機関であれば、無利息期間を設けている銀行などの金融機関を是非確認しておきましょう。借りた分を全額、無利息期間内に返済してしまえば手数料なしで借りられることになるので、急用があった場合やすぐにお金が欲しい場合に大変便利です。例え一括返済するのが難しくても、利息がかからずに返済できる金融機関であればキャッシングも使い方によってはお得になる場合もあるので、是非、こうした点もよく確認してみましょう。複数の業者とキャッシングの契約を結べば、その分、多くのお金が借りられると考える人もいます。実際にどれくらいの業者と契約できるかは、申請者の信用状態の高さで変わってくるでしょう。でも、数多くのキャッシング業者をいっぺんに使ってしまうと、信用度が急落し、ブラック扱いになる可能性があります。それに、おまとめローンなどに乗り換えようとしても、4社を超えるキャッシングを利用していると、審査での評価が厳しくなるでしょう。これからもキャッシングを使い続けるのであれば、少ない数のキャッシングサービスをうまく使ってやりくりしましょう。一般的に、即日カードローンの申込可能なのは成人、つまり満20歳からですが、それの上限は、消費者金融はほぼ69歳、銀行のほとんどが65歳としています。この年齢で審査に通れば借入を行えますが、その後は自動で更新されるので、そこで先ほどの年齢を超えてしまえば契約解除となります。消費者金融の契約更新は大体5年、ほとんどの銀行では1年おきに更新が行われます。申請後10秒ほどで審査結果も分ります。またモビットは大手『三井住友銀行』のグループという点で安心でき、銀行に行かなくてもコンビニなどで手軽にキャッシング申請できるのです。申請をしてからその日にキャッシングを融資まですべて済ませてしまいたいと思った場合には、とりあえずはその日に借り入れが可能であると謳っている会社をチョイスしていかなければなりません。世間に名称が知られているというキャッシング業者であれば心配することなく手続きを進めていくことが出来ます。さらに、時間をあけずに出来るだけ急いでWEBや来店、電話など最適な手段で申請を進めて、必要な審査へと進み、無事にその審査を通過することが出来たら必要な分を引き出し可能な状態にしてくれます。一度に返済できるくらいの少額キャッシングなら、無利息期間が設けられているような金融業者を選んで利用してみるのが一番良いと思います。利息がかからない期間中に一括返済ができれば一円でも利息がかかることはありませんから、上手に利用すればたいへんお得なサービスなのです。一括返済をするつもりがないという場合でも無利息OKの期間があるような金融業者の方がお得な条件で借り入れが可能である場合も多いそうなので、よく検討してみてから実際に利用しましょう。お金を借りたい場合に比べることは必要なことであると言えますが、比較検討するうえで一番重要視しなければいけないのは金利がいくらなのかという事です。借りる金額が大きくなく短期間で返済が出来るなら金利以外の条件で選んで借り入れをしても良いですが、金額が多かったり返済までの期間がかかりそうな時には出来れば低金利を選択した方が良いです。借入を行ったものの、返済が不可能になったならば債務整理の対象になります。債務整理をしている期間中はお金を借りられない状態となるため、いろんなことが不可能になります。不便になりますが、この制限は仕方のないことと考えるようにしてください。借金は総量規制の導入によって、借入可能な額は決められてしまいます。借入がありなしによっても異なりますので、可能であれば借りているお金を減らしてから、申し込んでください。年収の3分の1が借入限度額だということは覚えておいてほしいです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス